本文へスキップ

株式会社クレセルは室内環境を専門とする温度計・湿度計の製造販売メーカーです。

CRECER

TEL. 0475-88-3870

〒289-1223 千葉県山武市埴谷1936-1

FAQNEWS&FAQ

Q  湿度計はどのようにして測っているんですか?
 
A

家庭用湿度計の主な種類
1)バイメタル式湿度計・・・長さの伸縮
2)乾湿計・・・水分蒸発時の気化熱
3)デジタル湿度計・・・電気抵抗


1)バイメタル式湿度計


作動原理

バイメタル式温度計と同じ原理で作動します。
湿度の変化に対して伸縮する素材を、伸縮しない金属板に圧接着し、
渦状に巻いて取り付け、指針を動かします。

合金

BAIMETARU   SITUDO


2)乾湿計

 液体が気体になるには、熱エネルギーが
必要です。
このエネルギーを
気化熱といいます。
気化熱を利用した湿度計が乾湿計です。

 N-5NP-5
 ●乾湿計の原理
乾湿計には2本の温度計(乾球と湿球)が
付いています。
乾球は、気温(室温)を示します。
湿球は、下の球を水に浸したガーゼで包み込んでいます。水は容器より毛髪現象で吸い上げています。
室内の湿度によりガーゼ部分の水が蒸発し湿球の温度を奪い(
気化熱)湿球温度が下がります。
乾球と湿球との温度差が大きいほど湿度が低くなります。(
気化熱 大
乾球温度と湿球温度の差を求め本体の表より
相対湿度を読み取ります。



Topへ
 KANNSITU


3)デジタル湿度計


 ●デジタル湿度計の原理

電気の流れは、水分が多いと流れやすく
少ないと流れにくくなります。
この性質を利用し、感湿素子にくし形の電極を取付抵抗値で湿度を測定します。

右図は、当社使用の日本メーカー製の
湿度センサーです。
感湿素子にくし形電極を取付、ケースで
保護されています。

 SITUDOSOSI
   



Topへ